無料相談・手続費用・お問い合わせ

借用書の書き方 無料相談

HOME > 無料相談・手続費用・お問い合わせ

《《 無料相談 》》


★メール相談は初回無料です

メール相談は、2回目以降は有料です。

※「正式依頼」以外のメール相談については、2回目以降、1回につき3,000円(税込)の相談料をいただいております。

原則として、こちらからご自宅、携帯電話へお電話することはありません。


※なお、「お急ぎの方」「メールアドレスをお持ちでない方」「メールを打つのが苦手な方」については、お電話によるご相談も受け付けております。


★電話によるご相談も初回(30分以内)無料です。

電話によるご相談は、2回目以降は有料です。

※「正式依頼」以外の電話相談については、2回目以降、30分につき3,000円(税込)の相談料をいただいております。(30分以降、10分ごとに、1,000円(税込)が加算されます。)


【電話相談】 は 0254‐21‐3188 へお願いいたします。

【電話相談の受付時間】  午前9時から午後9時まで

【メール無料相談】      24時間受付


メールでの回答はかなり長い文章になる可能性がありますので、必ずパソコンのメールアドレスをご準備ください。(携帯からだとメールが受信しきれない場合もあります。)

携帯電話のメールアドレスには回答しておりませんのでご了承ください。

無料相談では、借用書の書き方のアドバイスまでは行っておりません。
ご依頼者がお書きになった借用書等の内容を検討するには、別途、料金をいただいております。
あらかじめ、相談内容をお知らせください。

メール無料相談については、通常、24時間以内に回答しておりますが、諸般の都合により、必ずしもすべてお約束できるものではありません。

*ご相談・お問い合わせのメールについては必ず返信しております。

 無料相談をお申し込みの方はここをクリック

携帯のメールアドレスには回答しておりませんのでご了承ください。

必ずパソコンのメールアドレスからお申し込みをお願いします。

ご相談・お問い合わせについては100%返信をしております。
通常、24時間以内に回答しておりますが、48時間以上経ってもこちらからの回答が届かない場合、メールアドレスが間違っている可能性があります。メールアドレスを確認の上、再度お申し込みください。


《《 正式依頼時の費用 》》

借用書の作成

基本料金 1万5,750円(税込)

*貸し借りする金額が30万円を超える場合、保証人がいない場合では、借用書だけで取り戻せる可能性が低くなります。
そういったケースでは、法的強制力のある公正証書をお勧めします。
 内容証明の作成

基本料金 請求する合計金額の3%+消費税。
ただし、最低料金は2万1,000円(税込)になります。

例)請求金額が100万円であれば3万1,500円、
  請求金額が50万円であれば2万1,000円となります。
公正証書の原案作成
(公証役場との連絡・調整を含みます)

基本料金 5万2,500円(税込) (公証人手数料、諸費用は別途となります。)

貸し借りする金額が30万円を超える場合、保証人がいない場合では、法的拘束力のある公正証書をお勧めします。
公正証書には、裁判で勝訴判決を受けたのと同じ法的強制力があります。

■その他の案件については、書面の検討結果、案件の難易度によって費用が異なります。
正式依頼の前に、必ず見積もりをお出ししますので、金額に納得していただいてから正式依頼となります。

■内容証明の作成の場合、郵送料等の実費がかかります。(ご依頼者の負担となります。)

■正式依頼から1週間以内に、料金を指定の金融機関の口座に振込をお願いします。
振り込み手数料は、ご依頼者の負担となります。

■振込後、メールでお知らせください。

■見積もりを確認し、納得していただいてから正式依頼になります。振込確認後、書類作成に取り掛かります。

■ご依頼者に代わって、借用書または内容証明を作成します。
あなたに関するできる限り詳細な事情をお聞かせください。

■契約書等がある場合、FAXまたは郵便で送付してください。
すべて書類に目を通して、書面作成にあたります。

■借用書の場合、作成後、文面を送付します。
(行政書士の職印を押したものを送ります。)

契約日を記入した上で、貸主、借主は、所定の箇所に住所・氏名を記入し、押印するだけです。押印する箇所には印をしておきますので、迷うことはありません。とっても簡単です。

■内容証明の場合も、作成後、文面を送付します。
(行政書士の職印を押したものを送ります。)

こちらで作成した「手引き」も一緒にお送りします。郵便局へ持って行く物、注意事項などを分かりやすくまとめてありますので、これを読めば安心です。
それでも不安な方は、郵便局で聞けば教えてくれますから大丈夫です。

あなたにとって一番効き目のある借用書を作成することはできますが、行政書士は、依頼者に代わって交渉の代理人になることは法律で禁止されていますので、こちらであなた代わって交渉することはありません。

しかし、背後からあなたを強力にサポートをいたしますので、安心していただいて大丈夫です。。
正式依頼をされた方については、同一案件について、納得のいくまで、何度でも、無料でご相談をお受けいたします。
(ただし、新たに書類の作成が必要になったときは、別途、料金がかかります。ご了承ください。事前に見積もりをお出しします。いきなり料金の請求はいたせんので、安心してくださいね。)

回答はかなり長い文章にになる可能性がありますので、必ずパソコンのメールアドレスをご準備ください。(携帯電話からだとメールが受信しきれない場合があります。)

なお、携帯電話のメールアドレスには回答しておりませんのでご了承ください。

*ご相談・お問い合わせについては必ず返信をしております。

フリーメールなどをご利用の場合、こちらからのメールが「迷惑メール」フォルダに入っていないかどうか確認の上、再度ご相談ください。


 正式依頼をお申し込みの方はここをクリック

携帯のメールアドレスには回答しておりませんのでご了承ください。

必ずパソコンのメールアドレスからお申し込みをお願いします。

ご相談・お問い合わせについては必ず返信をしております。
通常、24時間以内に回答しておりますが、48時間以上経ってもこちらからの回答が届かない場合、メールアドレスが間違っている可能性があります。メールアドレスを確認の上、再度お申し込みください。


プロが教える失敗しない借用書の書き方
契約書を作るときの8つの重要なポイント
氏名 メールアドレス
無料メルマガ申し込み
※無料メールマガジン購読申し込みの方は、無料メルマガ申し込みにチェックを入れて下さい。

PageTop

借用書サポートセンター
自己紹介

借用書サポートセンター

"貸金回収コンサルタント"
行政書士の猿子です

借用書bPサイトを目指して、 24時間、全国から、皆様のご相談に対応いたします。

メニュー

会社概要

事務所紹介

サイト名
 借用書サポートセンター

事務所名
 行政書士ましこ事務所

運営責任者
 行政書士 猿子 公司 
        (ましこ たかし)

所在地
 〒957-0015
 新潟県新発田市
  東新町2-3-28

連絡先
 電話  0254-21-3188
 FAX  0254-21-3198

所  属
 新潟県行政書士会
  下越支部

 登録番号 第11180718号
 会員番号 第1629号

在籍確認は新潟県行政書士会へお問い合わせください
電話 025-255-5225

対応エリア

全国対応です。
無料メール相談は24時間受付いたします。

北海道・東北地方
北海道 青森 秋田 山形 岩手
宮城 福島
甲信越・北陸地方
新潟 富山 石川 福井 山梨 長野
関東地方
群馬 栃木 埼玉 茨城 神奈川 千葉 東京
東海地方
静岡 愛知 岐阜 三重
近畿地方
滋賀 奈良 京都 和歌山 大阪 兵庫
中国地方
岡山 広島 鳥取 島根 山口
四国地方
愛媛 香川 高知 徳島
九州・沖縄地方
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄



HOME - 無料相談・正式依頼の費用 - 無料相談 - 正式依頼 - 電話依頼 - お問い合わせ

借用書とは - 借用書の書き方 - ハンコは必要? - 収入印紙は必要? - 利息は? - 遅延損害金とは? - 3つのノウハウ - 公正証書

事務所案内 - 代表者の紹介 - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ