利息も遅延損害金についても、取り決めをしたら必ず借用書に記載しましょう

> サイトマップ
借用書サポートセンター お問合わせ先:0254-21-3188 メールはこちら
借用書が無くてもご安心ください 貸したお金の問題をスパッと解決させるホームページです
トップページ > 利息と損害遅延金 利息とは別に、返済期日が過ぎたら発生する遅延損害金というものもあります
利息と遅延損害金
利息は必ずもらえるか?

「利息」とは、金銭を借りている間の使用料のことです。金銭の貸し借りの際に、
「利息を付ける」と約束すればつくし、「利息をつけない」と約束すれば利息はつきません。

利息については商人であるかによって変わります

利息の約束をしなかった場合でも貸主、借主が商人かそうでないかによって
「利息がつく場合」と「つかない場合」があります。
商人とは、営利を目的にして物を売ったり、サービスを提供する人をいいます。
「利息がつく・利息がつかない」についての法律の定めは次のとおりです。

利息が付く場合とつかない場合

親しい友人や身内同士のお金の貸し借りは、利息の約束をしないケースが多いので、
貸主、借主とも商人でなければ利息はつかないことになります。
また、利息がついたとしても、利息制限法という法律で利率の上限は決められています。
利息制限法の利率は下記のとおりです。

貸した金額 10万円未満 10万円以上100万円未満 100万円以上
利率の上限(年率) 20% 18% 15%

利息の取り決めをしたら、必ず借用書に明記しましょう。
また利息とは別に、返済期日が過ぎたら当然発生する遅延損害金というものもあります。

利息と遅延損害金との違い

利息とは金銭を借りている間の使用料のことです。利息の約束をしない場合、発生しないときもある。
遅延損害金とは、返済日が過ぎてから返済されるまでに発生する損害金のことで、
返済日を過ぎれば当然発生するペナルティー(罰金)のようなものです。
遅延損害金は約束がなくても発生します。

損害遅延金イメージ

利息と遅延損害金には関連性があります。下の表を参考にしてください。

 契約内容  損害金の利率
利息・損害金の約束が全くない  年5%(6%)
利息の約束あり
損害金の約束なし
利息の利率が年5%(6%)以下
利息の利率が年5%(6%)超 利息の利率と同じ
利息の約束なし
損害金の約束あり
損害金の利率の定めあり 約束した利率
損害金の利率の定めなし 年5%(6%)
利息の約束あり
損害金の約束あり
損害金の利率の定めあり 約束した利率
利息の利率の定めあり
損害金の利率の定めなし
と同じ 
両方とも利率の定めなし 年5%(6%)

利息と遅延損害金には関連性があります。下の表を参考にしてください。

貸した金額 10万円未満 10万円以上100万円未満 100万円以上
利率の上限 年29.2%  年26.28%  年21.9% 

利息も遅延損害金についても、取り決めをしたら必ず借用書に記載しましょう。
借主に返済日を確実に守ってもらうための、ひとつの手段になります!

無料16パターンの借用書サンプル&手引き

16パターンの借用書サンプル&手引きをお申し込みいただいた方へ、
お金を取り戻すための情報を配信させていただきます。


お問合わせ先:0254-21-3188 メールはこちら
Copyright (C)2014 借用書サポートセンター All Rights Reserved.