借用書サポートセンターからの借用書の書き方などのメール回答はかなり長い文章になる可能性があります。パソコンのメールアドレスをご準備ください

> サイトマップ
借用書サポートセンター お問合わせ先:0254-21-3188 メールはこちら
借用書が無くてもご安心ください 貸したお金の問題をスパッと解決させるホームページです
トップページ > 正式依頼の費用と流れ ご依頼者がお書きになった借用書の書き方を借用書サポートセンターが検討するには別途、料金をいただいております
正式依頼の費用と流れ
1回目のご相談は無料で対応いたします。
  • メール相談は2回目以降は有料です。
  • 正式依頼以外のメール相談について
    2回目以降1往復につき5,000円(税別)の相談料をいただいております。
  • 原則としてこちらからご自宅、携帯電話へお電話することはありません。

お急ぎの方、メールアドレスをお持ちでない方、メールを打つのが苦手な方は、
お電話によるご相談も受け付けております。

  • 電話によるご相談は2回目以降は有料です。
  • 正式依頼以外の電話相談について
    2回目以降、30分につき5,000円(税別)の相談料をいただいております。
    (30分ごとに5,000円(税別)が加算されます)
メール相談における注意点
メールご利用時の環境について

メールでの回答はかなり長い文章になる可能性があります。
必ずパソコンのメールアドレスをご準備ください。
(携帯からだとメールが受信しきれない場合もあります)

無料相談の内容について

無料相談では、借用書の書き方のアドバイスまでは行っておりません。
ご依頼者がお書きになった借用書等の内容を検討するには別途、料金をいただいております。
あらかじめ相談内容をお知らせください。

こちらからの返信について

メール無料相談については、通常24時間以内に回答しておりますが諸般の都合により、
必ずしもすべてお約束できるものではありません。
ご相談・お問い合わせのメールについては必ず返信しております。

お問合わせ先:0254-21-3188 メールはこちら
ご依頼から解決までの5のステップ:ステップ1無料電話相談を受けてください

あなたの現状を教えていただきたいので下記のフリーダイヤルまでお電話ください。

tel:0254-21-3188(受付・午前9時~午後9時)

電話での初回相談は30分以内無料です。
基本的に30分間の話の中でどういう悩みなのか、どう改善すればよいのかが見えてきます。
相談途中で30分を超えそうな場合は、電話の途中でお知らせしますので、
気がついたら有料相談になっていたことはありませんのでご安心ください。

あなたの悩みや不安をすべてお伺いします。

「自分のような内容でも相談していいのか」確認するお電話でも大丈夫です。
「あなたの予定が埋まっている」「私が外出中」など、すぐに電話相談ができない場合は、
「予約」ということで別な日時にご相談いただくことも可能です。

ステップ2:私からあなたに最善の解決策を提示します。

あなたと相手方の現状を踏まえたうえで最善の解決策をお伝えします。

「できるだけ揉めないようにしたい。」
「二度と付き合ういつもりはないので、一刻も早く、一円でも多く取り返したい。」
など、あなたの要望に沿った解決策を提示します。

ステップ3:解決策にご納得できれば諸費用をお振込ください

解決策に納得していただければ、諸費用として3万円(税別)を私に振り込んでください。

この3万円(税別)は内容証明郵便や借用書の作成費用となります。
万一、お金が取り戻せなかったとしても、この3万円(税別)を超えてあなたの負担する金額は
ありませんのでご安心ください。(ただし内容証明郵便の郵送料「2,000円程度」は別途となります)

ステップ4:借用書を作成します

相手から振込み、又は分割払いの申し出があった場合、借用書を作成します。

借用書を公正証書にする場合、公証人に支払う手数料が必要になります。
これは3万円(税別)とは別途で必要になります。

ステップ5:取り戻せた金額による成功報酬をお振込ください

相手方と借用書を交わした段階で、
取り戻せた金額の10%(税別)を成功報酬として私にお支払いください。

借用書に双方が署名・捺印した段階で、取り戻した金額の10%(税別)をお振込みください。
例:50万円の場合は5万円(税別)、100万円の場合は10万円(税別)となります。
内容証明郵便を送ったが取り戻せなかった場合は、成功報酬は一切いただきませんのでご安心ください。

5つのステップここまで

あなたにとって一番効き目のある借用書を作成することはできますが、
行政書士は、依頼者に代わって交渉の代理人になることは法律で禁止され
ていますので、こちらであなたに代わって交渉することはありません。

しかし、背後からあなたを強力にサポートをいたしますので、
安心していただいて大丈夫です。正式依頼をされた方については、
同一案件について、納得のいくまで何度でも、無料でご相談をお受けいたします。

ただし、新たに書類の作成が必要になったときは別途、料金がかかりますのでご了承ください。

回答はかなり長い文章になる可能性がありますので必ずパソコンのメールアドレスをご準備ください。
携帯電話からだとメールが受信しきれない場合があります。
ご相談・お問い合わせについては必ず返信をしております。
フリーメールなどをご利用の場合、こちらからのメールが「迷惑メール」フォルダに
入っていないかどうか確認の上、再度ご相談ください。

無料16パターンの借用書サンプル&手引き

16パターンの借用書サンプル&手引きをお申し込みいただいた方へ、
お金を取り戻すための情報を配信させていただきます。


お問合わせ先:0254-21-3188 メールはこちら
Copyright (C)2014 借用書サポートセンター All Rights Reserved.