借用書の書き方 〜重要なポイントはここ〜

借用書の書き方 無料相談

HOME > 借用書の書き方 〜重要なポイントはここ〜

《《 借用書の書き方 》》 


〜重要なポイントはここ〜


借用書の書き方の重要なポイントについてご説明いたします。
まずは、借用書の基本事項をしっかり押さえてください。


【タイトルの記入】

お互いが契約内容を一目して分かるように、「借用書」や「金銭消費貸借契約書」などとしておきましょう。


【貸主と借主の略称を記入】

最初に、貸主を甲、借主を乙と定義しておけば、その次から氏名をフルネームで書く必要がなく、書類作成の手間が省けます。
特に決まりはありませんが、甲、乙の略称が一般的のようです。


【金額を記入】


実際に貸し借りする金額を記入します。

ここで注意が必要なのは、0〜9の金額をアラビア数字で書かないことです。
3は8、5は6、9は8に後で勝手に書き換えられる危険があります。

面倒かも知れませんが、必ず漢数字で記入しましょう。


【返済日を記入(定める場合)】


返済日を定めなかった場合は記入しなくてもかまいません。
返済日を定めなかった場合、貸主が「返してください」と催促したときが返済期日となります。


【日付を記入する】


借用書には必ず日付を入れましょう。利息や遅延損害金の計算するときに重要です。
特に、時効を確認するときはこの日付が起算日になります。


【貸主、借主の署名・捺印】


署名とは、自分の名前を直筆で書くことです。
記名はワープロ・パソコンで印刷したり、ゴム印などを押すことです。

契約者が個人の場合、後日、言い逃れをさせないために本人の直筆で、住所、氏名を書いてもらいましょう。
そして、必ず押印をしてもらいましょう


【返済方法】

「持参」「送金」などの支払い方法を決めておきましょう。

銀行振込などの場合は、振込先の金融機関名、支店名、口座番号を指定しておきましょう。


【期限の利益】


あまりなじみのない言葉ですが、借主が「期限まではお金を借りていられる」権利のことです。
逆に言えば「期限まで、お金を返さなくても良い」権利です。
このような権利を「期限の利益」といいます。特に分割返済で契約するときは重要な取り決めになります。

たとえば、100万円の返済について、毎月末日までに5万円づつ、計20回の返済だとします。

このときに「1回でも返済を怠ったときは、期限利益を失い、残金全額をまとめて返済する」旨を借用書に記載します。
分割による支払いを取り決めするときは必ず期限の利益の条項を入れましょう。

ここまでの内容が入っていれば、最低限の問題はクリアーしています。
それ以上の細かい書き方はここでは省略します。

借用書は、基本的に公序良俗に反しない限り、必ずこのように書かなければならないというものがありません。
民法では「契約自由の原則」といいます。

ただし、内容の文言に不備があると、証拠能力が弱くなりますので、十分注意してください。

後は、必要に応じてどのような内容を記入するかを判断していきます。

一括または分割、利息、遅延損害金、などを定めたい場合は、それぞれの事項を必要に応じて定め、借用書に記入します。
そして貸した金額に応じた収入印紙を貼ります。


【書き間違いをしたら】


普段書きなれない借用書のような書類を書いていると、うっかり間違ってしまうことがあります。
そういう時は、思い切って書き直してください。それが一番間違いのない方法です。
訂正する方法もありますが、原則として、間違ったら書き直す、これが、後でトラブルを招かない最善の方法です。


【お金の貸し借りのリスク】


借用書は、形式はもとより内容も重要です。基本的な形式と内容がきちんとしていれば契約書は有効となります。

借用書というのは、いざとなればお金の貸し借りの証拠となるわけですが、この証拠はあなたにとっても、相手方にとっても証拠となるものです。

ですから、形式だけではなく、内容についても「穴のない借用書」を作らならければなりません。
不測の事態を想定し、考えられるすべてのリスクを計算し、それを防ぐ借用書にしなければなりません。

そうしないと、結果的にあなたが損害被ることになるのです。


お金を貸し借りする際には、次のようなリスクが考えましょう。


■借主に返済能力があるか、そして返済する気持ちがあるか


■一括で返せるのか、それとも分割か


■お金以外のもので返済できるか


■本人が返せなくても、肩代わりしてくれる人がいるか


■相手から借りているお金と相殺することが出来るか


以上のような、さまざまなリスクを想定し、万一のときに備えて回収できる方法を借用書に明記しなければなりません。

また、借用書も契約書ですから、言葉の書き方ひとつであなたが不利な立場になることさえあります。

私は以前建設会社に勤めていたので、工事請負契約書、不動産売買契約書、金銭消費貸借契約書など、
仕事柄さまざまな契約書と接する機会がありました。

しかし、その中には文房具店で売っている市販の契約書をそのまま使っているケースもあり、それを見るたび、「だいじょうぶかなぁ」と不安に感じたことがたびたびありました。

決して市販の契約書が悪いとはいえませんが、そっくりそのまま利用できる契約書のほうがかえって少ないと思います。
安易な考えで、本に載っているようなひな形(書式)をそのまま利用するのは絶対やめましょう。思わぬトラブルの原因になります。
専門家に依頼する数万円の費用を惜しんで、数千円の本を参考にして作った借用書や、市販の契約書を使った場合、何かあっても仕方ないと割り切って考える必要があります。

契約書については、専門家でもミスをする場合がありますので、少しばかり法律をかじった人に作ってもらったりするのは非常に危険です。
もし借用書の内容に不備があり、その後トラブルになっても、借用書を作った人が、損害を賠償してくれるわけではありません。

穴だらけの借用書だったら、書かないほうがマシかも知れませんね。

専門家に依頼する数万円の費用を惜しんだために、トラブルに巻き込まれ、その損害を回復するためのコスト、裁判費用、膨大な時間と労力を無駄にする人が少なくありません。
ご自分で借用書を作るときには、くれぐれも注意してください。


プロが教える失敗しない借用書の書き方
契約書を作るときの8つの重要なポイント
氏名 メールアドレス
無料メルマガ申し込み
※無料メールマガジン購読申し込みの方は、無料メルマガ申し込みにチェックを入れて下さい。

PageTop

借用書サポートセンター
自己紹介

借用書サポートセンター

"貸金回収コンサルタント"
行政書士の猿子です

借用書bPサイトを目指して、24時間、全国から、皆様のご相談に対応いたします。

メニュー

会社概要

事務所紹介

サイト名
 借用書サポートセンター

事務所名
 行政書士ましこ事務所

運営責任者
 行政書士 猿子 公司 
        (ましこ たかし)

所在地
 〒957-0015
 新潟県新発田市
  東新町2-3-28

連絡先
 電話  0254-21-3188
 FAX  0254-21-3198

所  属
 新潟県行政書士会
  下越支部

 登録番号 第11180718号
 会員番号 第1629号

在籍確認は新潟県行政書士会へお問い合わせください
電話 025-255-5225

対応エリア

全国対応です。
無料メール相談は24時間受付いたします。

北海道・東北地方
北海道 青森 秋田 山形 岩手
宮城 福島
甲信越・北陸地方
新潟 富山 石川 福井 山梨 長野
関東地方
群馬 栃木 埼玉 茨城 神奈川 千葉 東京
東海地方
静岡 愛知 岐阜 三重
近畿地方
滋賀 奈良 京都 和歌山 大阪 兵庫
中国地方
岡山 広島 鳥取 島根 山口
四国地方
愛媛 香川 高知 徳島
九州・沖縄地方
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄



HOME - 無料相談・正式依頼の費用 - 無料相談 - 正式依頼 - 電話依頼 - お問い合わせ

借用書とは - 借用書の書き方 - ハンコは必要? - 収入印紙は必要? - 利息は? - 遅延損害金とは? - 3つのノウハウ - 公正証書

事務所案内 - 代表者の紹介 - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ