借用書の書き方、金銭消費貸借契約書の作成は 借用書サポートセンター

借用書の書き方 無料相談
効果のある内容証明郵便
失敗しない金銭消費貸借契約書
法的効力のある公正証書のことなら

借用書サポートセンター

返してもらえないお金が戻ってくるかも知れません。
借用書がなくとも、貸したお金を取り戻せる可能性はゼロではありません。

プロが教える失敗しない借用書の書き方 保存版
契約書を作るときの8つの重要なポイント
氏名 メールアドレス
無料メルマガ申し込み
※無料メールマガジン購読申し込みの方は、無料メルマガ申し込みにチェックを入れて下さい。


通常、24時間以内に回答をお送りいたします
口約束で貸したお金が返してもらえないあなた。
借用書があっても、返してもらえないあなた。
これからも悩み続けるつもりですか?
そんなあなたの悩み、解決します。

貸したお金を確実に取り戻したいですよね?
この先もずっと、貸したお金を踏み倒されたまま、悩み続けたくはありませんよね?

私がこのサイトを立ち上げた理由、それは、

「一人でも多くの貸主にお金を取り戻してほしい。」からです。

そして、1日も早く金銭トラブルの不安とストレスから開放され、平穏な生活を取り戻してほしい、そのことを願いアドバイスをしています。

「借用書サポートセンター」に相談して、本当にお金が取り戻せるの?


なぜ、借用書サポートセンターに相談すると
いままで返してもらえなかったお金を取り戻せるようになるのでしょうか?

なぜ、役所の法律無料相談で解決しなかった問題が、
借用書サポートセンターに相談したら具体的な解決方法が見つかるのでしょうか?

それは、借用書サポートセンターが「借用書を作成すること」が目的ではなく、「確実にお金を取り戻すこと」を目的にしているからなのです。

大切なことなので、もう一回繰り返します。


「借用書を作成すること」が目的なのではなく、「お金を全額取り戻すこと」が目的だからです。
残念ながら、お金を取り戻せない貸主のほとんどが、この重要なことに気づいていないのです。
だから、借用書を作っただけで安心してしまい、結果的にお金を取り戻すことが出来なくなってしまうのです。

たとえば、高額なお金を貸した場合、一括で返済することは現実的に難しいですよね。
それまで全く返済のなかった借主から一括で返済してもらおうと思うのが、そもそも無理だと思いませんか。それなのに、「一括で返済する」という借用書を作っても、まさにそれは絵に描いた餅にすぎませんよね。

また、せっかく分割返済の約束をしても、「滞納した場合のペナルティ」を決めていない貸主がほとんどなのです。
だから、「滞納したらこんなペナルティが発生する」という約束をしていないと、簡単に踏み倒されてしまいます。

分割払いの場合、催促して滞納しているお金を払ってもらっても、次回もまた滞納されてしまえば、毎月同じことの繰り返しです。

そのうちに、次第に連絡が取れなくなり、音信不通になるかも知れませんよね。

このように、借用書を作っただけで安心していると、あなたの貸したお金は永久に戻ってこないかもしれないのです。

しかし、これだけシンプルでかつ、重要なことをほとんどの貸主が気づいていないのが現実なのです。

このことが、お金を取り戻せない一番の原因になっていることを、あなたはご存知でしたか?

さらに貸主が気づいていない弱点とは?


実は、貸主には、さらに大きな弱点があるのをご存知でしょうか?

「そもそも借用書を作っていない」
「借用書はあるが内容に不備がある」


これらもお金の取り戻せない要因ひとつですが、さらに重大な問題があります。
それは、「貸主より借主のほうがお金の貸し借りに関する知識が豊富である」ということです。この現実を直視しない限り、あなたはいつまでもお金を取り戻すことが出来ません。

お金の貸し借りついて、ほとんどの場合、貸主よりも借主のほうが知識も経験も豊富なのです。

理由は簡単です。

通常、知人、友人、親戚から借金をするような人はすでに方々から借金をしていて、お金の借り方や返済期日を延ばす知恵、そして踏み倒すコツまで、しっかり身につけていると思って間違いありません。

あなたには信じられないかも知れませんが、借主のなかには、最初から踏み倒すことを考えている人がいるのも事実です。

「返さなくても済む方法はないか?」

「いつのタイミングで自己破産しようか?」

まさか借主がこんなことを考えているとは、貸主は夢にも思っていません。


「善意で貸したんだから、裏切るはずがない。きっと返してくれるはずだ」 それは、あなたの思い込みに過ぎないかもしれません。あなたが勝手にそう信じていても、お金は返ってこないのです。

私の借用書には"財産を差し押さえる"と書いたから大丈夫だと思っているの方もいるでしょう。

たとえ借用書にそう書いてあっても、残念ながら、通常の借用書には法的な強制力はありません。
相手の財産を差し押さえるには、裁判所を通じて差し押さえの申立をしなければならないのです。ご存知でしたか?

法的な手続を通さずに、相手の財産を貸主が勝手に差し押さえることは出来ないのです。あなたの行動次第によっては、逆に相手に訴えられるかも知れません。

つまり、「財産を差し押さえられても異議はありません」と借用書に記載しても、法的には何の強制力もないのです。

「私は借主と連絡が取れてるから大丈夫です」と言う方もいます。

果たして、それだけで問題はないのでしょうか?
それはこれから起こるかも知れない金銭トラブルに気づいていないだけではないしょうか?

もし、借主からこんなことを言われたら…

「交通事故を起こして、賠償金を請求されたので、払えなくなった」

「母親が病気で倒れた。高額な治療費が必要になったから払えなくなった」

「会社の売上金を盗まれて払えなくなった」

「当てにしていたお金が入らなかったので払えなくなった」

「他からも借金したので払えなくなった」

「勤務していた会社が倒産したので払えなくなった」

つい先日まで「連絡が取れるから大丈夫」と思っていた人からこんなことを言われたらどうしますか?


あなたの借主は大丈夫ですか?

人によっては、「あの金は貰ったんだから返す必要はない。証拠があるんだったら見せてみろ」と開き直るケースや、「ない金は払えないんだから、勝手に訴えればいいだろう」と逆切れされるケースさえあります。

「連絡がとれる」などまだいいほうでしょう。

最悪の場合、「貸主が行方不明になった」、「連絡が取れない間に自己破産してしまった」など全く予期しない事態に発展することが少なくないからです。


もし、あなたが高額なお金を貸したまま全く返してもらえなかったり、滞納させられているのであれば、いますぐ解決する必要があります。
借用書は貸したときでなくとも作れます。
借主と連絡が取れなくなってからでは手遅れなのです。

あなたはどのケース?

ケース別・ご相談例

ケー ス1

「口約束でお金を貸してしまいました。借用書をつくっていないので、きちんと返してもらえるか心配です。今からでも借用書を作ることはできますか?」

  指 今すぐ無料相談->>

ケース2

「友人に頼まれて100万円ほどを貸すことになりました。万が一返してもらえないことも想定し、保証人を立ててもらおうかと考えています。法的に効力のある借用書にする方法はありますか?」

  指 align= 今すぐ無料相談->>

ケース3

「友人にお金を貸したまま返してもらえません。最近では携帯電話も着信拒否されて、メールを送っても返事をもらえません。どうしたら、お金を返してもらえるでしょうか?」

  指 今すぐ無料相談->>

ケース4

「友人にお金を貸したまま連絡がつかなくなってしまいました。住んでいたアパートに行ったところ、すでに引越していました。どこに住んでいるか分からないのですが、お金を取り戻すことは出来 ますか?」

  指 今すぐ無料相談->>

ケース5

「住を購入資金の一部として両親からお金を借りることになりました。金額が大きいので、税務署に贈与とみなされないか心配です。贈与税を取られないためにはどのような借用書を作ればいいのですか?」

  指 今すぐ無料相談->>

ケー ス6

お金を貸している相手から、今貸しているお金の返済が終わらないうちに、次の借金の申込みがありました。どうしたらいいでしょうか?

  指 今すぐ無料相談->>

「私はまだ相談するほどの状況ではない」というあなたにチェックリストを用意しました。
金銭トラブル発生しやすいケースをまとめてみました。


金銭トラブルの発生原因
1. 口約束だけで借用書がない
2. 借用書があるが、返済期限が書いていない
3. 借用書があるが、返済が滞った場合の取り決めがない
4. 貸したお金が高額だが、保証人を立てていない
5. 貸したお金が高額だが、公正証書にしていない
6. 最近、相手から「もう時効だから」といわれた
7. 「自己破産するからもう返さない」といわれた
8. 最近、相手は仕事を辞めたらしい
9. 最近、相手の携帯電話がつながらなくなった
10.心配になって、自宅へ督促に行ったら、すでに相手は引っ越していた

当てはまる項目はありましたか?
このうち、ひとつでもあてはまれば要注意ですよ。

今すぐ手を打つことをお勧めします。
借用書サポートセンターでは全国、24時間、無料相談を受け付けています。
是非、ご相談ください。


今のあなたに必要なこと、それは法的な知識のある専門家に相談することです。

「お金をかけずに今すぐ出来ること」を適切に、わかりやすくアドバイスいたします。

いつまで一人で悩んでいるおつもりですか?。
次の一歩を踏み出すかどうかを決めるのはあなたです。

法律的な手続きによるもの
法律的な手続きによらないもの
債権回収の仕方

こうして悩んでいる間にも、貸主は踏み倒す準備をしているかもしれません。

すでに自己破産の手続をしているかもしれません。

お金を取り戻せる、取り戻せないの違いは、貸主が勇気を出して解決のための一歩を踏み出せるどうかの違いなのです。

その勇気ある一歩があなたを不安から開放する扉へ導きます。

現在、借用書サポートセンターではメールによる初回無料相談を受け付けています。

今すぐ、あなたのお悩みをご相談ください。


無料相談でこんなことがわかります。

あなたにとって、最良の対策がすぐにわかる。

いますぐにあなたが実行できる方法がわかる。

最少の費用であなたが実行できる方法が分かる。

通常の借用書と法的強制力のある借用書の違いがわかる。

相手に請求する際の注意点や効果的な督促の方法がわかる。

あなたはこの無料相談で、専門家のノウハウを残らず最後まで学ぶことできます。
そのため、メールでの回答はかなりの長文になる可能性があります。必ずパソコンのメールでご相談ください。
なお、携帯電話のメールには回答しておりませんので、ご了承ください。

もちろん無料相談ですから、その後正式に依頼されるかどうかはあなたの自由です。


ご相談の際には、ご家族などに内緒の方もおられます。
通常、私からご自宅や携帯電話にお電話することはありません。


また、行政書士には守秘義務がありますので、相談内容が外部に漏れることは一切ありません。

メールでのご相談は全国、24時間受け付けております。
通常、24時間以内にご回答いたします。


「借用書サポートセンター」では真剣に金銭トラブルを解決したいあなたをサポートしています。真剣に相談していただく方には、私も誠心誠意、全力でアドバイスいたします。


他の行政書士に依頼したが解決しなかった、
役所の法律無料相談では全く参考にならなかった、
こんな方も是非ご相談ください。

決してあきらめないでください、必ず道は開けます。
一人で悩まずに、勇気を持ってご相談ください。

私と一緒に解決方法を考えましょう。
あきらめなければ、必ず解決の糸口が見つかります。

もし、あなたが今の時点でご相談やご依頼を迷っているのなら、強制ではありませんので、無理にお申し込みいただく必要はありません。

しかし、真剣に金銭トラブルを解決したい、もうお金のことで悩むのはいやだ、そういう気持ちになったときには、いつでもご相談のメールをお送りください。いただいたメールにはすべてご回答いたします。

あなたの金銭トラブルが1日も早く解決することを心から願っています。

貸金回収コンサルタント
行政書士 猿子公司



通常、24時間以内にご回答いたします。

PageTop

借用書サポートセンター
自己紹介

借用書サポートセンター

"貸金回収コンサルタント"
行政書士の猿子です

借用書№1サイトを目指して、 24時間、全国から、皆様のご相談に対応いたします。

メニュー

会社概要

事務所紹介

サイト名
 借用書サポートセンター

事務所名
 行政書士ましこ事務所

運営責任者
 行政書士 猿子 公司 
        (ましこ たかし)

所在地
 〒957-0015
 新潟県新発田市
  東新町2-3-28

連絡先
 電話  0254-21-3188
 FAX  0254-21-3198

所  属
 新潟県行政書士会
  下越支部

 登録番号 第11180718号
 会員番号 第1629号

在籍確認は新潟県行政書士会へお問い合わせください
電話 025-255-5225

対応エリア

全国対応です。
無料メール相談は24時間受付いたします。

北海道・東北地方
北海道 青森 秋田 山形 岩手
宮城 福島
甲信越・北陸地方
新潟 富山 石川 福井 山梨 長野
関東地方
群馬 栃木 埼玉 茨城 神奈川 千葉 東京
東海地方
静岡 愛知 岐阜 三重
近畿地方
滋賀 奈良 京都 和歌山 大阪 兵庫
中国地方
岡山 広島 鳥取 島根 山口
四国地方
愛媛 香川 高知 徳島
九州・沖縄地方
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄



HOME - 無料相談・正式依頼の費用 - 無料相談 - 正式依頼 - 電話依頼 - お問い合わせ

借用書とは - 借用書の書き方 - ハンコは必要? - 収入印紙は必要? - 利息は? - 遅延損害金とは? - 3つのノウハウ - 公正証書

事務所案内 - 代表者の紹介 - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ